ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2009年02月22日

秩父札所めぐり 6

十月十一日(月)晴 三十三番・菊水寺〜三十番・法泉寺

                         
                   黄金の畦を往く


 夏の暑い時だけは避けようと思ってはいたが、思わぬハプニング

に四ヵ月も空いてしまった。

 秩父は寒さの訪れが早いと聞いているのでちょっとあせる。これ

からは秩父周辺部で乗物の移動が多くなると同時に本数が少ないの

で、その辺をよく計算しなければならない。


秩父→ (バス) →泉田→ (三〇分) →三十三番→ (三〇分)→泉田

→ (バス) →秩父→ (電車) →浦山口→ (三〇分) →二十五番→

(五〇分) →三十四番→(六〇分) →秩父へ戻る


 泉田バス停よりのどかな田園の中を歩くこと三十分。

 心地よい風に吹かれながら、ゆったり歩きたいところだったが、

戻りバスの時間を気にしながら歩を速める。秩父に戻り電車にて浦

山口下車。歩くこと三十分、山影の静かな二十五番札所は岩谷山久

昌寺、二十四番へは右手に荒川の渓流を見ながら歩く。途中で牧場

の手作りアイスクリーム、牛乳の看板に目を奪われ、のどを潤し、

牛乳パワーでもう一がんばりと二十四番札所を見上げると急な階段

を百十六段登らねばならない。

 登りつめた所に小さな観音堂があり、その中に仁王門が造られて

いるという珍しい建築様式だ。

 今日の行程を終え、荒川沿いに秩父に戻る。辺りの山々は暖かい

せいか紅葉はまだ見られない。




    畦ゆきて黄金波打つ遍路かな



    歩を速む稲雀今飛び立てり



    秋高く草喰む牛の乳をのむ



    秋晴れて観音堂への足軽し





(以上 「俳句で綴る秩父札所めぐり」より転載)
posted by りらくん at 20:25| Comment(0) | お寺を訪ねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

kobanashi

 先日、ちょっと面白い話を小耳にはさみました。

りらくんと同じようにお寺で使う施品や記念品を扱っている

知合いの業者さんがいるのですが、最近オリジナルデザインを

入れられるタオルが評判になっているらしいのです。

 ある浄土宗のお寺で「葵」の紋をタオルに入れようとして

デザインしたのですが、タオルの織り屋さんが、「恐れ多い」

と言って、なかなか織ってくれなかったのだそうです。(笑)

 もちろん、「葵」はかの有名な徳川の紋ですね。ですから、

「恐れ多い」という気持ちもわからないではありませんが、

今どき、そこまで考える人がいるというのも、少し驚き

でした。

 東京・芝の増上寺が徳川の菩提寺になった関係で「葵紋」の

使用が許可されているという特別な事情があります。


結局のところ、その浄土宗の寺の住職が

「うちでは、座布団にも葵の紋が入っているよ。尻に敷いて

座ってるんだから、タオルに紋を入れても全く心配ないですよ。」

と言ったので一件落着、タオルは完成して無事納品されました。
posted by りらくん at 19:00| Comment(0) | りらくんのお寺むだ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。