ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2008年12月05日

〜縁日は、縁の日〜

縁日(えんにち)って聞いたことがありますよね。

小さい頃から言葉だけは知ってるという人も多いでしょう。

きっと、露店などのイメージしか持たない人もいるのではありませんか。

もともと、縁日というのは、『神や仏に縁のある日』を意味しています。


この日にお参りをすると、普段以上の御利益があると昔から、言われています。


因みに

薬師如来 - 毎月8日

虚空蔵菩薩 - 毎月13日

観世音菩薩 - 毎月18日

弘法大師 - 毎月21日

地蔵菩薩 - 毎月24日

不動明王 - 毎月28日

などと決まっています。


思い立ったが吉日、
縁日にお参りしてみてはどうでしょう。

阿字観瞑想セット【仏像の天竺堂 仏教美術 中】
ラベル:縁日
posted by りらくん at 00:52| Comment(2) | お寺豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

六然(りくぜん)

ある方のブログでみつけたのですが、「六然(りくぜん)」というのがあるそうです。



自処超然  自ら処すること超然 (ちょうぜん)  物事にとらわれず、

処人藹然  人に処すること藹然 (あいぜん)  人には和気あいあいと接し、

有事暫然  有事には暫然 (ざんぜん)      起こった事柄にはてきぱきと対応し、
 
無事澄然  無事には澄然 (ちょうぜん)    平安無事の時は心を澄ませ、

得意澹然  得意には澹然 (たんぜん)     得意の時は奢らず、淡々とし、

失意泰然  失意には泰然 (たいぜん)    失意の時は泰然(自若)としておれ



出典は、明末の崔後渠(さいこうきょ)という人の『六然訓(りくぜんくん)』だそうです。



なんとなく、りらくんの頭の中では禅宗の偈(げ)につながっていて、それっぽいと思ったのでとりあげました。

これが、全てできれば「人生の達人」といったところでしょうか。

一つ心掛けるだけでも、きっと、今までと違った物が見えてくるでしょうね。


トップへ戻る
posted by りらくん at 14:18| Comment(0) | お寺豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

六波羅蜜の話 7

六波羅蜜(ろっぱらみつ)とは、布施(ふせ)持戒(じかい)忍辱(にんにく)

精進(しょうじん)禅定(ぜんじょう)智慧(ちえ)の六つを指します。

これは、菩薩が涅槃(ねはん)の世界に入るために修める六つの行のことです。

という、一般的な定義はさておき、私たちの日常に何か益することが

あるのも事実です。

自分ならどうやって取り入れるかという観点から眺めてみるのも

いいのではないでしょうか。

― 忍辱 ―

忍辱とは苦難に耐え忍ぶことですが、「辱」と言う字が使われています。

屈辱的なことですら耐え忍ぶんですね。


耐えることをしないと「怒り」という状態になります。

怒ることで、無駄なエネルギーを消費します。

通常の生活においても、怒って得をすることはまずないと思います。

ましてや、究極の悟りを求める修行者はほんの少しの漏れも許されません。


もうひとつは、今起こっている事象が過去(過去世も含む)に

自分がなしたことの集積だと、理解することが必要だから

怒らないで真理を見極めなさいよということだと思います。


真理の探求者でなくとも、怒りで目が曇って、物事が見えなくなる

ということは、よくある話だと思うんですが、いかがでしょうか。


トップへ戻る
ラベル:六波羅蜜
posted by りらくん at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

続・種字と真言

続きです


勢至菩薩
の真言は

おん さん ざん ざん さく そわか
で、種字は
seishi.jpg サク
です。


大日如来
の真言は

おん あびら うん けん
で、種字は
dainichi.jpg バン
です。

不動明王
の真言は

なうまく さまんだ ばざら だん かん
で、種字は
fudo.jpg カーン
です。


阿弥陀如来
の真言は

おん あみり たてい ぜい から うん 
で、種字は
sen_ami.jpg キリーク
です。


以上は守り本尊の八体仏です。

千手観世音菩薩 子年生まれ
虚空蔵菩薩   丑寅年生まれ
文殊菩薩    卯年生まれ
普賢菩薩    辰巳年生まれ
勢至菩薩    午年生まれ
大日如来    未申年生まれ
不動明王    酉年生まれ
阿弥陀如来   戌亥年生まれ


というように、生まれ年の干支によって
守護してくださる仏様が決まっています。

身に着けるアイテムもあります







posted by りらくん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

種字と真言

梵字一字で仏さまを表すことがあります。

これを種字(しゅじ)と言います。

また、唱える真言も仏様によってそれぞれ決まっています。

真言というのは魔法の呪文みたいなものです。

お寺参りをして、ご本尊が分かったら合掌しつつ、その仏さまの
真言を唱えてみてはいかがでしょう。

たとえば、

千手観世音菩薩の真言は

おん ばざら だらま きりく そわか
で、種字は
sen_ami.jpgキリーク
です。

虚空蔵菩薩の真言は

おん ばざら あらなう おん たらく そわか
で、種字は
koku.jpgタラーク
です。

文殊菩薩の真言は

おん あらは しゃ のう
で、種字は
monju.jpgマン
です。

普賢菩薩の真言は

おん さん まや さとばん
で、種字は
fugen.jpgアン
です。
posted by りらくん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。