ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2007年08月03日

北枕の話

宗派によって考え方や、様式、作法などが
違うということはよくあります。

よく言う「北枕(きたまくら)」についても
人によってイメージが違うのでは
ないでしょうか。

北枕(きたまくら)とは、北の方角へ
頭を向けて寝ることです。

私の子供の頃は「北枕」は縁起が悪い
とされていました。というか、
そう教わったような記憶があります。

もともと、「北枕」とは、お釈迦様が
亡くなられる時に、北の方角へ
頭を置いて横になったお姿からきています。

日本では死を忌むことから、北枕は縁起が
悪いとされたようです。

一方、北枕には再生を願うという思いが
込められているとも言われているようです。

また、心臓への負担を和らげるため
体にいいとされる考えや、風水などでは
運気が上がると言われており、良し悪しを
簡単に決め付けるのはどうかとも思います。

皆さんは如何でしょうか。

阿弥陀如来真言指輪 銀製【仏教美術 中】
阿弥陀如来真言指輪 銀製
3,990円
商品ページへ
Ads by STMX


トップへ戻る
タグ:北枕
posted by りらくん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

清めの塩

宗派によって考え方や、様式、作法などが違う
ということはよくあります。

お葬式の後の「清めの塩」についても、いろいろ
意見があるようですね。

仏教ではもともと死を「穢れ」だという考え方は
ないので、日本的な土着の信仰と融合した習俗
だと考えられます。

浄土真宗のお葬式では、清め塩を使わないことも
多いと聞きますが、浄土真宗のお寺でも昔からの

風習なので、そこまで口を出す必要は
ないのではないかと考えるご住職もいて

一概にどういう風にするのがよいとは言えません。

私は死者を「穢れ」と見ることには反対なので、
穢れを清めるという意味合いなら、使いたくありません。

しかし、伝統的な風習というものは頭ごなしに
否定されるべきではないとも思っています。

個人的にはそんなに目くじらをたてて議論する
たぐいのことではないと思ってますが、
皆様は如何でしょうか。



トップへ戻る
posted by りらくん at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

〜〜お線香を「立てる」「立てない」〜〜

宗派によって考え方や、様式、作法などが
違うということはよくあります。

先日あっと思ったのはお線香を供えるという
すごく基本的なことでも実は人によっては
疑問を感じているんだということです。

浄土真宗ではお線香を立てません。
何本かに折って寝かせます。

その他の宗派では立てるのが
普通です。しかも、さらに言うと
本数が違ったりもします。

その辺のところは例えば
http://www.e-obutsudan.jp/butsudan5-1.html
などに書いてあります。

形式的にはご自分のお寺のご住職の
言うとおりにすればいいことですが、

迷うのは自分と宗旨の違う方の
お葬式などに行った時ですよね。

これは、あくまでも私個人の考えですが、
「郷に入りては郷に従え」でいいのでは
ないかと思ってます。

つまり、気持ちが込められているかどうか
ということが第一義なので、私個人は

浄土真宗のお葬式では「南無阿弥陀仏」と
唱えますし、日蓮宗の場合は当然
「南無妙法蓮華経」と唱和します。

皆様は如何でしょうか。
posted by りらくん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

〜〜義兄弟の宗紋(2)〜〜

さて、増上寺をはじめとするいわゆる鎮西派の浄土宗では、
joudo.gif
宗紋を「月影杏葉(つきかげぎょよう)」としています。

ところが、同じ浄土宗でありながら、
西山派(せいざんは)では曹洞宗で使われているのと同じ
「久我龍胆」を宗紋としています。

『これは一般的に知られている西山上人が、
村上天皇に始まる村上源氏の末流
「源親季(みなもとのちかすえ)」の子として誕生し、
9歳の時に一門の頭領であった内大臣
「久我(源)通親(みなもとのみちちか)」の
養子になったことに起因しています。

その後14歳で法然のもとで出家するのですが、
西山各派ではこの「久我家の家紋」である
「久我龍胆」を宗紋と定めています。

実は曹洞宗の開祖・道元禅師の実父こそがこの
久我通親なのです。西山上人は養子、道元禅師は実子
という違いはあるものの、この二人は義兄弟であり、
そのため曹洞宗の宗紋と西山派の宗紋が
奇しくも同じであるのです。』

以上は圓光寺のサイト
http://www7a.biglobe.ne.jp/~enkouji/shoukai.htm
より引用させていただきました。
posted by りらくん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

〜〜義兄弟の宗紋(1)〜〜

家に家紋があるのと同様、お寺には宗紋(しゅうもん)
というのがあります。
eiheiji.gif
上の紋は、久我龍胆(こがりんどう)と
呼ばれています。

曹洞宗の大本山は2つあり、総持寺の紋は
soujiji.gif
五七の桐です。
一方永平寺の紋が先の久我龍胆で
二つ合せて「両山紋(りょうざんもん)」という
曹洞宗の宗紋になります。
(続く)
posted by りらくん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

僧侶のことを一般的に「お坊さん」
と言いますけれど、もともと
「坊」言う字は僧の住居をさす言葉のようです。

それが転じて、人を表すようになりました。



今でも「宿坊(しゅくぼう)」
という言葉がを使われますし、
僧侶やその家族の方が
自分のお寺のことを
「自坊(じぼう)」などと
呼ぶこともあります。

前に書いた「坊守」さんも
この「坊」ですね。

幼い男の子を「坊や」って
呼びますよね。

小さい子とお坊さんが
同じ字を使うって面白いですね。
posted by りらくん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

先代のご住職

曹洞宗でご住職のことを
「方丈(ほうじょう)」
と呼ぶという話をしましたが、

引退した先代のご住職を
東堂(とうどう)」
と呼んだりもします。

同じく先代のご住職を
呼ぶのに、臨済宗では
閑栖和尚(かんせいおしょう)」
などと言います。
posted by りらくん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

東司

東司:「とうす」とはお手洗い、トイレのことです。

曹洞宗のお坊さんが永平寺に修行に入り
東司の掃除をします。

私の記憶が定かならば、
なめても平気なくらい!
ピカピカに掃除するそうです。

葬儀葬式密葬の佐藤葬祭は葬儀密葬のことが
わかるサイトです。
葬儀で不安なことや、お葬式の疑問に答えます。
悪い葬儀屋さんに騙されない方法を公開、
役に立つお葬式密葬の豆知識もボリューム十分!

posted by りらくん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

方丈

曹洞宗ではご住職のことを「方丈(ほうじょう」様と
呼ぶことが良くあります。

               
                    
posted by りらくん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

組長

「組長」という字を見たら、
殆んどの人が「くみちょう」と読むでしょう。

でも、お寺用語です。
門徒さん以外で読める方いらっしゃいますか。

正解は・・・「そちょう」と読みます。

どの宗派もある一定の地域ごとに教区を分けていますが、
浄土真宗の場合は、その教区のことを「組(そ 又は そう)」
と呼びます。

本願寺派を知る


真宗の中でも本願寺派は○○組と○○に地名を付けたり、
大谷派では、七組、八組(ななそう、はっそう)などと
数字で呼んだり多少の違いはありますが、
「組」が付くのは共通です。

トップへ戻る
posted by りらくん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

禅問答

とても難解なやりとりを「禅問答」といいますが、
これは禅宗で修行者が悟りを開くための課題として与えら
れる問題のことで、「公案」とも呼ばれます。
 「そもさん!」「せっぱ!」は
 「問題出すよ」「受けて立とう」というニュアンス。
   そもさん・・・"如何に"と言う問いかけ。
   せっぱ・・・・"説破"言い破る事、説き伏せる事

アニメの一休さんのように、とんちのきいたやりとりもあり
ますが、ほとんどは、一般人の我々にはちんぷんかんぷん。

そう!一休さんは、実は臨済宗の修行僧だったのですよ。

(注:「禅宗」とは曹洞宗(そうとうしゅう)、臨済宗
   (りんざいしゅう)、黄檗宗(おうばくしゅう)の総称)


トップへ戻る
タグ: 修行
posted by りらくん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

坊守(ぼうもり)さん

浄土真宗では、お寺の住職の奥さんのことを

「坊守(ぼうもり)さん」

と呼びます!


トップへ戻る
タグ:お寺
posted by りらくん at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺のはてな?  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。