ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2008年05月26日

秩父札所めぐり 3

(以下 著者のご好意で「俳句で綴る秩父札所めぐり」より転載させていただいております。 原文は縦書き)




四月二十二日(木)快晴 十二番・野坂寺〜十五番・少林寺

                         
                    苺を食べ、芹を摘む



 春深き今日の予定は、十二番札所からスタートし、街中心部とそ

の周辺十一ヵ所を巡る。

秩父駅 → (一〇分) →十二番 → (一五分) →十三番→ (八分) →

十四番 → (一二分) →十六番 → (六〇分) →二十三番 →(五〇〇

m) →二十二番 → (一五分) →二十一番 → (二〇分) →二十番 →

(一七分) →十九番 → (二〇分) →十七番 → (三〇分) →十五番



 十六番札所・西光寺は外観質素で穴だらけの木の柱が目につく。

 往時木札を打ちつけた跡で札所めぐりが盛んだった事を偲ばせる。

此処からの二十三番札所・音楽寺へは荒川にかかる立派な長い秩父

公園橋を渡り、小鹿坂峠の尾根上を目指す。梵鐘の音色は秩父札所

随一とか。川風に吹かれてひたすらのぼる。苦労し甲斐があって秩

父市街が一望、武甲の山の威容も間近にせまり眺望抜群。

 この眺めをおかずに昼食をとる。すぐ下に二十二番札所、続いて

二十一番札所と巡拝して下る。

 そこには田んぼが広がり、畦で芹摘む人に出会いしばし芹摘みを

楽しみ、二十番札所へと足を早める。今度はイチゴ園の看板が目に

入ってきた。

「食べようか?」「うん食べよう。」此処でも二十分費やす。

 大分道草をしてしまった。ようやく二十番札所へ着いた時には三

時半をまわっていた。岩之上堂といい荒川の断崖に建ち、秩父札所

でもっとも古い建物とのこと。樹々に囲まれているので一層古色蒼

然の佇まいだった。十九番、十七番、十五番、と着いたのは五時を

すぎており、納経できず参詣のみ。

 秩父駅午後六時三十九分発の電車に駆け込み、家に着いたのは九

時を過ぎ、ちょっとオーバーランの一日だったが、翌日は何事もな

かったかの様に出勤した。





  観音の慈悲満ちみちる春の宵





  苺食み芹摘み歩く秩父かな





  西光寺往時を偲ぶ穴無数





  音楽寺の鐘の音漂う秩父かな





トップへ戻る
タグ:札所 秩父 巡礼
posted by りらくん at 10:23| Comment(0) | お寺を訪ねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。