ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2007年06月17日

乞食坊主 3

打ち上げの席ではまず、ご住職が息子さんの副住職と
ギターのデュオで歌を披露。(後で聞けば、
その筋では有名な「歌う住職」だったのですが・・・)

そのデュオを自己紹介するご住職は
『私たちは“19(ジューク)”でも”ゆず“でもなく
”じゅず“です』とキッチリ笑いをとる芸人ぶりで、
大向こうからも掛け声がかかるというノリのよさ。

日帰り圏ではなかったので、その日は泊めて
いただいたのですが、これまたオープンなのにはビックリ。

何に驚いたのかといいますと、普段ご家族の使っている
お風呂を使わせてくださったことです。

読者はピンとこないかもしれませんが、
お寺回りの営業経験から、今のお寺は昔と違って、
寺院部分と住居部分をキッチリ分けている所が多く、
住居部分にはお檀家さんでも容易には立ち入れないのが
一般的だというイメージを持っていましたので驚いたのです。

もちろん、専用の宿泊施設があるような大きなお寺で
泊ったり風呂に入ったりした経験をお持ちの方も
いらっしゃるとは思いますが、それとは全く
次元の違う話なのです。

私が営業でお寺を回っていた時に、泊めてくださったお寺が
5ヶ寺もあるというのも驚異的だと思っていますが、
このH寺ほどオープンなところは後にも先にもありません。

そして、坊守さんをはじめご家族の皆様が
とても暖かかったのが印象的でした。

さて、少し(?)話は脱線したので元に戻しましょう。

(以下、続く)
posted by りらくん at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | りらくんのお寺むだ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。