ブログを訪問して下さった方へ。

おかげさまで、漸くホームページができました。
お寺に興味のある方も、ない方もどうぞ、お立寄り下さい。

お寺グッズのりらく

どうぞ、ブログともども よろしくお願い申し上げます。


amida.jpg temple.jpg

2008年08月13日

秩父札所めぐり 4

(以下 著者のご好意で「俳句で綴る秩父札所めぐり」より転載させていただいております。 原文は縦書き)




五月十一日(火)晴 八番・西善寺(さいぜんじ)〜十七番・定林寺(じょうりんじ)

                         
                              武甲山を友に

 どこまでも澄み切った空のもと、八番→六番→七番→九番→十八

番→十七番と進んだ。

 横瀬下車。八番札所まで急な坂を三十分歩き山門に辿りつくと、

時計は既に十時をまわっていた。

 樹齢五〇〇から六〇〇年と云われる天然記念物のモミジが見事に

枝を広げ迎え入れてくれる。六番へは西武鉄道を横切って歩くこと

一時間、秩父はどこを歩いていても目印になる武甲山が目の前に迫

ってくる。美しい景色を眺めるだけでも心すがしく安らかさを覚える


 七番札所は、五分ほどの距離にある札所一番の本堂。威圧される。

次の九番札所へは十五分ほどで到着。朱塗りの六角堂が目に入る。

 此処から十八番までは電車で移動し、次に十七番を前にして時間

切れで御朱印を受けられなかったので再度詣でる。今日は楽な日程

で秩父駅を四時五十三分に発つ。





    山肌を見せて武甲は五月晴


    秩父路は武甲を友に歩きたり


    五百年経し西善寺の大紅葉


    万緑に端然とあり武甲山



トップへ戻る
ラベル:秩父 札所
posted by りらくん at 11:20| Comment(0) | お寺を訪ねる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。